大きな波と小さな波の乗り方

仕事をしていると忙しい時期というものが波のように訪れることがあります。経理関係ですと決算期が大きな波ですし、毎月の月末月初なども大きな波といえるでしょう。他の職業でも同じです。通常の業務をしながら大きな波に対応できるように構えておかなくてはいけません。定期的に大きな仕事の波がやってくる職業の場合は、何か対策を講じなければなりません。

まず、大きな仕事の波を小さな波にすることです。大きな波が一度に来るよりも、小さな波が数回に分けて来ることでより多くの人が対応できるからです。また、普段からハードワークにならないように、自分の仕事を段取りよく処理できるように考えておく必要があります。特に仕事の管理をする立場にいる人は、どの人も同じような環境で仕事が出来るように普段からよく観察しておくことが大切です。特定の人だけに仕事が集中するようでは、その人だけがハードワークになってしまいます。誰の手が空いているのか、誰が忙しくしているのかということを目配りして、忙しい人の仕事をフォローできるような態勢をしておくことが求められます。

まずは、特定の人でなくては処理できない仕事を少なくしましょう。なぜならその特定の人が体調不良などで休んでしまった場合に、他の人がその仕事が出来ないことで他の仕事にも支障が出てしまう可能性があるからです。そのためには個々それぞれの仕事の内容について、予め多くの人が知っておかなくてはいけません。また普段から他の人が対応できるように、教育する時間と環境を作ることも大切です。仕事が出来るから、早いからと特定の人に仕事の負担がかからないようにし、誰もがハードワークにならない職場環境を作ることが最も重要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です